もっと気持ちよくなる夫婦の営みは

見つめ合ってするSEXは、断然、気持ちがいい
ベッドでの質疑応答が大事なのはよくわかってくれたと思う。さらに、カレが離れなくなるベッドでのモテテクを伝授しよう。
それは「カレと見つめ合ってSEXすること」。えっ、そんなことで、カレをトリコにできるなら超カンタンよ、と思っているキミ!
自分がオトコとエッチしているシーンを、客観的に見たことがある?
「まさかAV女優じゃ、あるまいし」って思うかもしれないけれど、オレはキミがどんなエッチをしているか、大体わかるよ。
たぶん、ベッドインしてからフィニッシュまでほとんど目を閉じたままSEXしているはず。
違うかな?キスするときも、ほとんどの女の子が無意識に目を閉じてする。誰かに「キスするときは、目を閉じるものよ」と教えられたわけでもないのに、ね。
まあ、目をぱっちり開けてオトコの顔を凝視するのも怖いけど、ずっと目を閉じたままって、オトコからすると何か物足りない。
なかには、「オレに抱かれながら、じっは他のオトコのことを考えているんじゃないか」って、不安に思うオトコもいるかもしれない。
これを読んでいれば、ここ→で、出会った人はあなたから離れられないかも。
これは、あるAVの撮影現場であった、本当の話。ある女優さんが本番前にオレにこう聞くんだ。
「私、どこを見てればいいですか?やっぱりカメラ目線のほうがいいのかな?」って。
オレは正直、驚いた。「えっ、それは当然、オレの目でしょう」と、答えたけど。なんだかこれって、SEXしてる最中にテレビを見てるのと同じ感覚。
ある意味、ありえないよね。

DY069_L

カラダの相性についての真実

「合う」「合わない」ではなくて「作る」努力が大切
「カレのこと大好きなんだけど、カラダの相性が悪くて。このままじゃ私、嫌われちゃうかな」これは、ある女の子の悩み相談。
こういう勘違いをしている子は、すごく多い。この悩みは、ある意味、オンナのほうが多いのかも。
なぜって、オトコの場合は、射精すれば一応は、快感が得られる。
でも、オンナは自分がイケなかった場合、「オトコのテクニック不足」か、「二人のカラダの相性が悪い」と思う。
でも、自分が気持ちのいいSEXができなかったら、「カラダの相性が悪い」で納得しようとしているうちは、その先の進歩はなし。
基本的に「カラダの相性は、あるんじゃなくて作るもの」だから。オレがそう言うと、ほとんどの人からは、
「鷹さんは、どんな女性が相手でも、合わせるテクニックが豊富にあるからいいんですよ。
でも、普通の人たちは『合う、合わない」が大事なんです」と、こう言われてしまう。でも、オレの場合は「このオンナとはカラダの相性が合うけど、
このオンナとは合わない」とは思わない。それよりも、「どうやったら、目の前のオンナを気持ちよくさせられるのか」を一所懸命に考えるよ。
それが「カラダの相性を作る」ってことなんだ。ある意味、相手のことをもっと知ろうとする探究心が、SEXにおいては大事なんだよね。
あなたはここで→出会った人に対して、自分の理想を演じずに本当の自分をぶっちゃけられますか?
キミだって、好きなオトコのことは何でも知りたいと思うし、自分のこともわかってほしいと思うだろう。それをベッドでも素直に出せばいいんだ。

DY072_L

家族的人間関係

家制度は、家族的人間関係のもつ人間性の否定のうえにたつ家を重視し、あるいはせいぜい家父長ないし戸主にのみ人権を認めるものでしかなかった。現代の家族制度下での家族人は、その点ではむしろ永久に変わることのない人間の基本的性格によってそうなるのであって、家制度のもとでのそれとは本質的に異なるものであることを知らなければなりません。
家族の強調、結婚の個人的性格否定が、とかく旧家族制度復活につながるようにとられがちであることをおもえば、この点はいやがうえにも明確にしておく必要がありそうです。
結婚後の生活で問題が発生し、解決しようとすると、また別の問題が出てくるかもしれませんが、←ここで相性ピッタリの結婚相手を見つければそんな心配は少しで済むでしょう。
旧家族制度の復活が警戒されている今日、その防止策として家族的人間関係の真実をおおいかくそうとすることは、いたずらに問題を混乱させ、ひいては旧家族制度復活の動きにつけこむす きを与えることになるだけです。
真にそれをうれえるなら、現代の家族制度下における家族的人間関係の、あるがままのすがたをまず明らかにすることからはじめるべきです。
現実を無視した考え方は、かならずや、現実によって仕返しされるときがくるのです。

もし不幸にもファースト・エッチが相性×で終わっても嘆くことない。彼に対して「もっと相性をよくしたい」と思う姿勢があれば、それは伝わるし、
そんなキミの姿をカレはきっといじらしく思うからだ。

DY068_L

人間はまず家族人

理解しあうためには、生活の仕方がいままでだいたい似ていることを、かならず必要とします。結婚のぱあい、身分、年齢、学歴、経済条件、体力lそういったことがらについてつり合いがあるということは、お互いに割合たやすく理解し合えるということなのです。

結婚前にで、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。

人間は、つくられるものである、とまえに書きました。人間は、社会的存在であるといわれているともいいました。ここでは、人間はまず家族人としてつくられる、と書くことにします。
家族制度下の人間は、生まれおちるやいなや、親と子、あるいは兄弟姉妹、祖父母といった人間関係のなかに組み入れられます。彼は、家族の一員として育てられ、家族的人間関係のなかで、家族人として形成されてゆきます。
彼は、家族的人間関係とはどういうものかを、体験や教育によって知るようになり、血の意識を植えつけられて、やがて家族社会から外部の社会にも目を向ける時期がやってきます。しかし、その時には、彼は家族人として外部社会に接する以外にはありえない存在となっているのです。
家族人的性格の強さには、ひとによってさまざまなちがいはあっても、家族という「閉じられた社会」の一員であることは、やめられなくなっているのです。
たとえ、家族人的性格を、意識的に脱却しえたとしても、彼は、法律に定められた扶養義務からはまぬがれえず、依然として家族人として生きなければなりません。
結婚は個人の問題である、というとき、その個人が、家族とは関係のない個人という意味であれば、それはまちがいであることは明らかです。もちろん、封建的家族制度のもとでの結婚がそうであったように、それは家の問題である、といおうとしているのではありません。

DY071_L

夫婦の比較

自分の妻以外のいかなる女性をも女性として認めず、夫以外の男性を男だと考えたことのないような夫婦はたしかにいまでもこの世に幾組かはいるはずです。かれらこそ正しく一等lいや、特等夫婦の名に値いし得る男女です。かれらは自分たち夫婦を世間の夫婦とけっして比較なんかしません。お互いに自分たちはこの世でえらばれあい、いちばん愛されているのだと思いこんでいます。彼女にとって夫の存在はまるで空気のようなものであり、彼にとって彼女との共同の巣である家庭は、正にいっさいの不安、一切の危険からまもられたいちばん安全な場所です。ふたりはお互い以外に男女というものを知りません。それだから、お互いに、この世で誰よりもいちばんよく知り合っていると考えます。ツーといえばカーとこたえます。カーとよべばツーといいます。相手が小指に霜ヤヶでもこしらえれば、自分の小指に霜ヤヶができたように感じます。ふ たつのちがった肉体で、ひとつの感覚を感じ、ふたつの心で、ひとつのことを考えます。

しかし、彼は彼女が女性であることを、そして女性であれば月々月経があり、月経を中心にして彼女の精神にいくらか波の高低があることを、あるいはまた女性はこういうことを最もいやがり、こういうことをいちばん好むものであることを知っています。おなじように、彼女もまた男というものが元来エ・コイストであり、彼もまたきわめて無邪気な子供っぽいエゴイストであることを、しかし、いざとなれば、彼女のためには水火をも辞せぬ勇敢な男性であることを、そしてまたこまかい所へいろいろ気はつかっても、性根はまことに春の海のように寛大であることを、そして愛の情熱において、きわめて男性的であることを知っています。出会いはここ→に、たくさんあるので、相性が合う人がきっと見つかります。

DK052_L

夫婦は一対一

結婚とは、食事、思想、趣味、経済、住居その他生活のあらゆる面で、仲間になるということですが、結婚当初、あるいは結婚前には、これらいくつもの条件のうちのひとつが、たいへんよくつり合いがとれていると、他の条件のふつり合いなどというものは、そのため、それほど苦にならないようです、つまり、つり合いのとれているひとつの点だけを、バカに強力なものとして考えるからなのです。夫婦をつなぐ糸が十本あるとしましょう。そのうち一本だけがバカに太い糸でつながれているように思われると、あとの糸が切れていても、あるいはどんなに細くても、結構やってゆけるように考えるのです。ところが結婚して実生活に入るやいなや、十本の糸がそれぞれに大切なものであることが自然にわかってきます。趣味の一致という一本の太い糸だけではどうにもならない ことに気がついてきます。そしてその途端、夫婦は何となくさびしくなり、不幸になるのではないでしょうか。つまり、夫婦のつり合いというものは、全体的なつり合いでないと困るようです。夫婦は友だちとはちがいます。友だちでしたら、絵の友だち、お華道の友だち、勉強のお友だち、というふうに、幾人もの別々の相手、つり合いのとれた相手をもつことができましょう。けれども、夫婦は一対一なのです。私たちは自分に似通ったものは理解できますが、自分とあんまりかけ離れたものは、普通、理解できないのです。これは判りきったことです。ですから玉の輿にのった人妻は、存外結婚生活においてしあわせではなかったろうと思います。もし、ここで→結婚相談所 選び方 出会った相性が合う人と結婚しても仲が悪くなったらここを思い出してください。

DK050_L

夫婦はお互いに批判し合う

第三に、夫婦のつり合いがとれていないと、夫婦はお互いに批判し合うか、それとも夫婦各自に別点の悩界をもってそのなかへもぐりこんで暮すか、そのどっちかになりそうです。夫は共産主義者、妻は自由主義者。夫は貯金主義者、妻は浪費主義者。夫は歴史派、妻は未来派。まあ、いってみればこんなふうにふたりが別々の考えかたをもっていれば、初めのうちはいやおうなしにお互いがお互いを批判することになりましょう。ところが、批判をすればするほど、貯金主義者はいっそう貯金第一になり、浪費家はいっそう浪費家になるかもしれません。そしてあげくのはては、あの人はあの人なんだ、私は私なんだと、お互いに自分だけの世界をつくって、その中にとじこもり、ふたりの間には目に見えぬ高い障壁がきずかれることになりましよう。

ところで夫婦のふつり合い、結婚したてにはさほど気にならなかったふつり合いが、年ごとにだんだんはっきりしてくるし、またふつり合いの度合いが激しくなってくるのは、なんといっても年齢のふつり合いかと思います。たとえば、二十歳の花嫁と四十歳の花婿とが結婚したぱあいを考えてください。この年齢差についてまわる、ものの考え方、見方の相違は、年ごとにひどくなってゆくように思われます。ふたりは、だんだん「仲間』であるという意識からずれてゆくのじやないかと思います。そして初めのうちはふつり合いが気にならず、だんだんふつり合いが気になってゆくというのは、だんだん夫婦として不幸になってゆくことではないでしょうか。素敵な結婚相手を出会い系 サクラいない で、見つけても結婚後に問題は発生した場合、ここに書いてあるように意外と改善に手間がかかります。気を付けましょう。

DK079_L

夫婦の生活態度

第二に、夫婦の生活態度、あるいは生活についての感覚や意見が調和しておりませんと、おたがいにしじゅう相手の生活態度を気にせずにはいられなくなります。お互いの間にいちいちの問題で緊張した感じが自然にでてきます。そして毎日緊張したこころもちをもちつづけますと、いよいよ神経質になってきます。そして、神経質になればなるほど、いよいよ緊張の度合いが増してきます。家庭はいつも緊張しきった空気につつまれます。家庭は 休息の場所でなくなります。のんびりと、アグラをかいたこころもちですごせる場所ではなくなります。つまり、家庭は家庭でなくなります。相談は討論となり、沈黙はさぐり合いになります。いや、こんなふうにいうのは少しばかり大げさすぎるかもしれません。しかしあらゆる面でつり合いのとれていないふたりの男女が、なるたけ、あらゆる面でつり合いをとろうと思えば、いやおうなしに、努力感が生れ、努力感は緊張をもたらすかと思います。ふつうの夫婦というものは、いつとはなしに、夫と妻とのいろいろの相違点を加えて2で割ったところへ、つまり、両者の平均に近づいてゆくものです。ところが、コチコチのカトリック信者と仏教徒が結婿したとすれば、容易に、いや、ぜんぜん、加えて2で割るところへは落ち着きません。その結果、夫婦は、家庭にいて安定感をもつことができなくなるように思われます。コミュニケーションは非常に重要ですので、これからここで→出会う結婚相手とはコミュニケーションを途切れないよう気を付けましょう。


DK089_L

夫婦間のつり合いとは、相違のなかの調和

それでは、つり合いとはなにもかも似ていることでしょうか。生活のしかた、ものの考え方が、ただ似ているというだけでは、つり合いがとれたということにはならないようです。むしろつり合いがとれているということは、あるていどお互いに違っているのだが、しかも違っているために、かえって調和しているということです。そこで、夫婦間のつり合いとは、相違のなかの調和、調和してやってゆける限度内の相違ということだろうと思います。 で、もしつり合いのとれない相手と結婚したらどういうことになるか?

第一に、お互いにほんとうに理解し合えないだけではなく、下手をすると、いちいち誤解し合うことにもなりかねないようです。たとえば、私と菱がぜんぜんいろんな点で生活感覚がちがっているとします。私は最初、私にとって気に食わないと思われる妻のいちいちの行動を、なんとかしてなおしてやろうとします。ところが、生活感覚がちがっているために、なおしてやったほうがいいと私の考えることを、妻は、なおす必要なんか別段ないと考えます。そしてこれを治そうとする私の動機を、まるで見当ちがいに解釈してしまいます。私は私で、そうなると、「俺をバカにしているんだ!」と思い込んでしまいます。ふたりの間の距離はこんなぐあいでだんだんひどくなるばかりです。その反対に、私と妻が生活感覚をある程度共通にしているぱあいには、私は妻のいろいろの行動を思いやりと善意をもって解釈することができます。そして夫婦の問で必要なことは、相手の気にくわない行動をムリャリ直そうとすることではなく、相手の行動についての考え方を、自分のほうから訂正することだと思います。結婚前に出会いがない 社会人 で、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。

DK078_L

0

夫婦のつり合い

あなたがロマンチックな考えの持ち主だとしたら、夫婦のつり合いなんて考え方を軽蔑なさるかもしれない、身分とか経済とか教養とか体力とか、そうしたもののつり合いよりも、ただ、なによりも愛情と理解さえあれば、それだけでじゅうぶんだ、とおっしゃるかもしれません。そしてさらに、つり合いをうんぬんするなどということは、へんに分別くさい功利的な考え方だとさえいわれるかも知れません。たしかに、映画にでてくる若い女性は、公園の.ヘンチで知り合った、氏素姓のわからない奇妙な男と恋をしてハッピー・エンドになりますし、貧しい女事務員は、大金持の坊ちゃんと恋に落ちて、めでたく結婚式をやっています。だから、ロマンチックなあなたが、夫婦のつり合いという地道な考えにあまり重きをおかないとしても、あなたばかりを責めるワヶにはいきますまい。なにしろ映画の恋愛は男と女のつり合いがとれていることが少なければ少ないほど、それだけロマンチックで面白いのですから。けれども、この点で恋愛と結婚はたいへんちがいます。恋するにはつり合いのないほうがいいのですが、結婚はつり合いがとれていないと、なかなか成功いたしません。いまあなたは愛情と理解さえあれば、と考えていらっしゃるかもしれませんが、つり合いがとれていないと、第一、このおたがいの理解ということがむずかしいのです。農夫の娘さんと王子とは、美しい男、美しい女として愛し合うことはできますが、いろいろな生活の感情をおたがいに理解することはできないかと思います。なにしろ、二人がいままで生活して来た環境も習慣も、全部天と地ほどにちがっているのですから。恋愛と結婚は違うところが多いですので、結婚相談所 比較 ←ここで出会った素敵なパートナーをよく見極めましょう。

DK066_L